25歳の転職情報

25歳の転職で必須の掟

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
会員限定サービスや機能が満載のリクナビNEXT

 

25歳は転職に有利?不利?

 

 20代で転職をする人が近年増えていますが、25歳という年齢は転職するに当たって有利なのでしょうか?不利なのでしょうか?「第二新卒」という言葉がありますが、これは高校や大学を卒業して就職してから、3年以内に退職をした人のことです。24歳で転職を考えている人は、この第二新卒に当たる人が多いと思います。

 

 

 第二新卒を求める企業が今増えていますが、その背景にはどんな理由があるのでしょうか。大手企業などは新卒者しか採用しないというところもありますが、中小企業は20代・第二新卒者を率先して採用するところがあります。その理由は、新卒者には新人研修やマナー講座など、社会人としての基本から教えるためにたくさんの時間やコストがかかるところにあります。しかし20代の転職希望者は、一度社会に出て働いた経験があるので、基礎的なマナーは身についているのです。

 

 

 24歳〜25歳くらいの人材は一からマナーを教える必要はありませんし、尚且つ新卒者と同じくらいの若さもあります。なので企業にとっても欲しい人材なのです。

 

 

面接で伝えることは?

 

 面接は減点方式ではなく、加点方式です。減点されないようにと気にしながら話すのではなく、プラスの要素をどんどん出していくことが面接を成功させるカギになってきます。志望動機もマニュアル通りのものを間違えないように言おうとするのではなく、自分の強みとリンクさせて、なぜ他社ではなくこの会社に入りたいのかをアピールできるようにすることが大事です。

 

 

 この会社で何をやりたいかを真摯に伝えようとするあまり、自分のしたいという思いばかりが先走ってしまうことがあります。それだけでは、面接官はあなたが働く姿がイメージできないのです。どのような経験をして、その経験を活かすことができるのでやってみたいという具体的なエピソードを伝えると、面接官もイメージしやすくなります。

 

 

 面接で大切なことは、やりたいという思いも大切ですが、それをできると証明する経験を伝えることです。面接官を目の前にすると緊張してしまいますが、上手に伝えられるように何度もシュミレーションしておきましょう。

 

 

まとめ

 

 転職は30代を過ぎるとガクンと求人も減り、どんどん厳しくなります。25歳という年齢は、まさに転職のチャンスです。後悔することのないように、自分の希望する企業に転職できるように前向きに取り組んでください。

 

 

 

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職活動の手順 転職サイト